七洞岳山登り(後半)

度会郡大紀町七洞岳。中腹で休憩をして、登りの後半へ。

分岐もあるが引き続き七洞岳(白岩)の方面へ。ここからもまた、色々と景色が変わり、また、急な登りも出てくるので変化があり登っていて楽しかった。「落ち葉の道」「急な登り」「杉の中を歩く道」と過ぎていき、いくつかのルートとの分岐を過ぎていくと徐々に「白岩」の看板も出てくる。「七洞岳(白岩)」の看板が出てくると、山道にも徐々に岩場が目立ってくる。

岩場の登りが増えてくると今回の目的に近づいていると感じ楽しさも増してきた。急な斜面になっているので、足が滑らないように気をつけながら登り、向こうの山々が見渡せるようになる同時に、眼下に山々が見えるようになると山頂まで近づいていることを感じる。山登りをしていて達成感を感じるのはこういった景色を眺めることができる時だと思った。

頂上まではあと500mほど

0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments